プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーとは...

プリザーブドフラワーは、生花にオーガニック系の染料を吸わせ、特殊な加工を施すことでナチュラルな姿や風合い、鮮やかな花色を長期間にわたって保つ加工花のことを言います。プリザーブドフラワーの語源であるプリザーブ(preserve)は「保存する」という意味の英語からきています。そのため、プリザーブドフラワーは「いつまでも咲き続ける魔法の花」なのです。

プリザーブドフラワーは高度な技術を必要とするため、限られた種類のお花しかありません。代表例は、バラ・カーネーション・アジサイ・ランです。
数少ない種類のプリザーブドフラワーですが、魅力的であるために瞬く間に世界中に広がりました。

プリザーブドフラワーの魅力は、鮮やかな花色と自然な風合い、カラーバリエーションの豊かです。
そして、色あせることもありません。さらに花弁の柔らかさまで保たれています。5~10年以上もつ花もあります。マイホームやオフィスを綺麗に飾りたい方にお勧めです。長く持ち、水遣りなどの手入れが必要ないのでお勧めです。

プリザーブドフラワーが長持ちする保存方法

・水遣りはNG
プリザーブドフラワーは加工花なので水遣りの必要はありません。
水遣りを行うとどんどん劣化していきます。絶対に水遣りは避けてください。

・湿気に注意
高温多湿の場所に置くと花びらの透明化や液だれ(着色液がしみ出てしまうこと)、ひび割れ、カビの発生などを招きます。
目安としては温度が18~25度、湿度は30~50%の環境で保存してください。
夏場は、クーラーや空調の行き届いた場所で保管してください。

・直射日光を避ける
直射日光や強いライトが当たると花びらが褪色し、劣化を早めてしまう原因になります。
窓際などは避けて、風通しの良い涼しい場所飾りましょう。

・持ち運びに注意
非常に柔らかくてデリケートです。物理的な接触はなるべく避けてください。
持ち運ぶ際には、決して落としたりぶつけたりしないようにしましょう。
猫や小さな子供が落とさない所に置いてください。

・香水や消臭スプレーはNG
香りがない花だからと香水などを吹き付けるのもやめましょう。変色や劣化を引き起こしてしまいます。


ギャラリー

 PRZ 001

 PRZ 002

 PRZ 003

 PRZ 004

 PRZ 005

 PRZ 006

 PRZ 007

 PRZ 008

 PRZ 009

 PRZ 010

 PRZ 011

 PRZ 012

 PRZ 013

 PRZ 014

 PRZ 015

 PRZ 016

 PRZ 017

 PRZ 018

 PRZ 019

 PRZ 020

PAGE TOP